スポンサーリンク

初めての金縛りが怖すぎた

Pocket

どうも笑う男だ。

これはつい最近の話なのだが、2020年が明けてまだ間もない時の夜中に金縛りのような恐怖体験に遭遇したのだ。

今まで私はそのような体験はしたことがなく、金縛りに対して半信半疑だったのだが今回の体験が本当に恐ろしかったのでお伝えしていきたいと思う。

スポンサーリンク

金縛り

私は普段一度寝たら熟睡できる体質のためほとんど長時間目を覚さないタイプなのだがその日は違った。

特に夢を見ていたわけではなかったと思うが、誰かが部屋にいる気配が強烈にしたのだ。

気配と書いたが、その時の私は完全に誰かが寝ている私のすぐ側にいると確信していた。

そして部屋が軋む音とは明らかに違った足音がリアルに聞こえたのだ。

この時私は確実に殺されると思い、これまで感じたことがない恐怖感が一気に襲ってきて手足は震え、全身汗まみれになって命乞いをしていた。

ちなみにあまりの恐怖に立ち向かうという選択肢は一切なかった。

暫くしても何も起きないので暗闇の中目を開けてみると周りに何かがいる気配はなくなっていた。

そして次に目を覚ますと朝になっていた。

まとめ

このような体験は初めてだったので本当に怖しかった。

よく金縛りは激しい疲れによって起こると言われているので、なぜこのような体験をしたのだろうかと原因を考えた結果前日に激しい整体マッサージの施術を受けていたのが一つ思うところである。

このような体験は正直2度としたくないので疲労やストレスには要注意である。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク