スポンサーリンク

メルカリでトラブルが起きたときの対処法

Pocket

どうも笑う男だ。

みなさん、メルカリを利用しているだろうか。

家で使わないものを売りに出したり、なかにはハンドメイドなどを出品して商売をしたりと使い方も人それぞれだと思うが、人気サービスなだけにトラブルに見舞われる事も多いみたいだ。

今回は実際に私がトラブルに見舞われたので備忘録としてその対処法を記していきたいと思う。

スポンサーリンク

メルカリで買った割れ物が割れていた

昨年の夏ぐらいにガラス製の水槽を4000円でメルカリにて購入したのだが、届いて開封しようとしたところガチャガチャと音が聞こえてきたのだ、、、

嫌な予感がして出してみたところ見事的中し水槽が割れていたのだ。

すぐさま証拠として写真を撮り、出品者に連絡。

 

すると出品者もこのようなケースは初めてだったらしくどう対処すればよいか分からないとのことだったので私がググって調べたところ、とにかくメルカリの事務局に連絡すべしとのことだった。

そこで一連の流れと割れた水槽と梱包の写真を提出したところ、数日間後に事務局としては商品の半額を保証するという結果が通知された。

これに出品者は不服だったみたいで配送業者などに問い合わせるために時間をもう少しとらせてほしいと言ってきたのだ。

実はこの水槽はメルカリ便で配送されており、メルカリ便はトラブルがあった場合は全額保証と謳っているのだ。

私としては出来るだけ早く解決したかったのであまり長引かせたくなかったのだが出品者がどうしてもというので待つことに。

しかし結果はやはり変わらず。

私からしてもやはり今回の件は梱包が簡素すぎたのが原因だったと思っていたので、配送に原因があるとは考えづらいためメルカリ便の全額保証は適用されることは難しいだろうと考えていた。

あくまでメルカリ便の保証は配送に問題があった場合の保証のはず、そして梱包に関しては割れ物なのでぷちぷちなどの緩衝材で梱包するのは最低限必要、ということを出品者に言ったところしぶしぶ残りの差額分を振り込んで貰えることになったのだ。

結論

とにかくメルカリでトラブルがあった場合はまず事務局に問い合わせることが肝心。

ちなみに事務局への問い合わせはアプリのマイページのお問い合わせから出来る。

そして何かしら証拠となるものを写真などに納めておくのが重要となる。

トラブルが起きたからと言って焦るのではなく、冷静に対処すればメルカリはきちんと対応してくれるはずだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク