《ハンターハンター》カルトと旅団についての極秘情報を考察してみた

Pocket

現在ハンターハンターには複数の伏線がありますが、その中にはゾルディック家に関するものがいくつかあるので、今回はまだまだ謎だらけのゾルディック家についていくつか考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

カルトが旅団に入った理由

ヒソカの抜け番としてゾルディック家の末っ子であるカルトが代わりに入りました。

これには当初予想もしていなかったので正直驚きましたが、その後徐々に入った理由が明らかになっていきました。

旅団としては団長クロロの除念のために当時除念師を探していたため、カルトが除念師を見つけることができる能力を所持していたので理にかなっていました。

そして、カルトの方はというと対キメラアント編で「兄を取り戻す」という発言がありました。

そのための重要な発言として「NO2くらいならすぐとか思ってた」というのも。

つまりカルトは兄を取り戻すために旅団でも上位の地位に就かなければならないということ。

力をつけるためならゾル家にいても問題ない(というかむしろそっちの方が良い気がする)

私は当時この”兄”は四男アルカのことを指していて、アルカの伏線を回収するのだろうと思っていましたが、皆さんご存知の通りアルカではなかったのです。

内通者としてクモに入団

驚く方がいるかもしれませんが、実はカルトがクラピカと内通しているという噂があります。

しかし、これはよく考えれば可能性が高い話でクラピカはキルアはもちろんシルバやゼノとも面識があるので(一応イルミも)カルトと接触することは可能だし、カルトは対ザザン隊との戦闘時に紙を背中に貼ることでその他の旅団の動向を覗き見して、団員の能力を見たがっていました。(グリードアイランドのキルアの反応を見る限り、キルア経由の可能性は低い)

さらにこの仮説が正しければ除念を終えたクロロ率いる幻影旅団にクラピカが介入しないで放置してるのは納得がいきます。

カルトの団員ナンバーが9番でも11番でもなくあえて4番なのは裏切り者を示唆しているのかも♣︎

本当にこのアルカは4男なのか

(引用:HUNTER×HUNTER 31巻 111ページ)

アルカに関しては未だに謎がいくつかあります。

例えばキルアは妹と呼ぶがその他の家族は弟と呼ぶ。

厄災であるアイが取り憑いており、なぜかキルアを溺愛しているしキルアにだけおねだりしない。

キルア曰く暗殺一家の子供にもかかわらず身体能力が普通の子供と一緒。

このような謎もあり私はこのアルカが本当にゾル家の子供なのかどうか懐疑的です。

さらに相関図によってキルアとアルカは相思相愛ということが分かっており、アイが”欲望の共依存”ということなので、現在犯されている状態なのか。

もしその場合は暗黒大陸編でナニカ明かされる可能性が高いはず。

ゾル家の謎の兄弟

(引用:HUNTER×HUNTER 30巻 205ページ)

そしてこの人物。

イルミがヒソカにアルカを始末するよう協力を要請した時にピックアップされましたが、これは冨樫氏が好きなミスリードの可能性もあるのでは。

というのも私にはどうしてもこのクールな雰囲気の人物と実際のアルカが一致しないのです。

もしかしたらこの人物が本当のゾル家の子供(アルカ)で厄災のアイによって別人(女)になってしまったのか。

ゾル家は全員男なのでキルアが妹がほしいとお願いした可能性もありえますね。

まとめ

相関図から分かる通りカルトはキルアと相思相愛のアルカに嫉妬しています。

つまり、ブタくん除くゾル家の兄弟はみんなキルアが大好き。

ゾルディック編で屋敷にきたゴンたちをカルトが睨みつけていたのはキルアを奪い去ると思ったからなのか。

そして私の仮説が正しければカルトはクラピカから見返りに兄を取り戻してもらうことになります。

ということはクラピカがナニカしらその手段を擁していることに…

ゾル家に関してはツボネやマハ、ジグといった謎大き人物もいるので今後の話の展開に関わってくることは間違いなさそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする